ノンシリコンシャンプーについて♡

皆さん、こんにちは。
今から数十年前から美容業界やメディアでは、シリコンの入ったシャンプーは悪者ととして扱われました。
シリコンとは、髪の表面を保護するものですが、薬剤等の化学物質を髪内部に閉じ込めてしまうこと。
また、悪評の代表的なものがシリコンが頭皮の毛穴に詰まり抜け毛の原因となってしまうということです。


こうした非常にセンシティブな情報の元、ノンシリコンシャンプーは市場の一般的なシャンプーよりも高めの価格帯で市場に現れました。
しかし、従来のものより値段も高く良いはずのノンシリコンシャンプーですが、パサつきやカラーリングの色落ちなどの新たな悩みを生みました。


そこで美容業界は更なる販売手段へ打ち出ました。
シャンプー1本1000円以上と従来より高額のため、なかなか新しいものを試すことの出来ない消費者へ、シャンプーとコンディショナーやトリートメントなどのセットで100円などお試し用などの新しい販売方法をし始めます。
また、シャンプーはノンシリコン、コンディショナーやトリートメントにはシリコンを配合し、頭皮には付けないという新しい使い方を提案しました。


そうした シリコン=悪い という印象が消費者に根付いたかと思った間もない頃、また新たな情報が現れました。
“シリコンは悪いものじゃない”
“シリコンは頭皮の毛穴に詰まらない”というものです。
いよいよ、情報は錯綜としていきます。


未だに、当たり前のようにノンシリコンシャンプーを目にします。
シリコンは悪いと打ち出した美容業界。
“すみません、シリコン悪くないです。新しく出たシリコン入りシャンプーです。いかがですか?”
なんて言うメーカーは居ないのです。
そのまま、なんとなく曖昧にし新たな販売方法をします。
あるメーカーはノンシリコンだけど、シリコンに代わるコーティング剤を配合し販売をします。
また、ある所はシリコンは配合しているが粒子レベルが小さいため毛穴には詰まらないとし販売してたりします。


私が今、美容業界に携わり
今の事実として言われていることは、シリコンは毛穴に詰まらないということです。
しかし、ここで勘違いしないで頂きたいことが
だからといって、イコール、ノンシリコンシャンプーよりシリコン入りシャンプーが良いということではないということです。
もちろんノンシリコンシャンプーが好きという方もいらっしゃると思います。
髪の状態は皆さん違います。
しかし、シリコン入りのシャンプーが悪いと言う情報を信じ、ノンシリコンシャンプーを使い続け、カラーリングの色落ちやパサつきなどの悩みを抱える方が少なくなればと思います。