ドライヤーの掛け方

すっかりと寒くなってきましたね。
本日は、ドライヤーの掛け方についてお話ししたいと思います。

髪の毛が長い方は特に面倒臭くなってしまいますよね。
しかし、自然乾燥に頼ってしまうのはオススメ出来ません。
自然乾燥をしてしまうと髪の毛を痛めてしまったり、パサつきや頭皮の臭い等のトラブルを引き起こす恐れがあります。

初めに、ドライヤーを掛ける前にはしっかりタオルドライをしましょう。
髪をこすり合わせないように気を付けて下さい。
また、頭皮をマッサージするように拭き、髪の毛は挟みこむようにして水分を取っていきます。

そしてから、ドライヤーを掛けていきます。
前髪の根元から乾かし、全体の根元、最後に髪の毛全体と言った順番で乾かしていきます。
乾かす時は左右に動かしながら、分け目を作らないようにします。
また、濡れている時が一番クセを直しやすいので、クセが出やすいところから乾かすこともオススメです。

また、少し宣伝になってしまいますが、よりケアしたい、ツヤ感が欲しい方には
弊社の”ヘアエステ アウトバス トリートメント”がオススメです。
タオルドライ後に手のひらにトリートメントを1~2プッシュを出し、手のひら全体に伸ばし髪の毛になじませていきます。
このアウトバストリートメントにはドライヤーの熱から守る働きもあるので、ドライヤーの熱から守りながら、アルガンオイルが艶やかでまとまりのある髪へ導いてくれます。

私の使った印象は、まずヘアセットがしやすいと感じました。
そして、髪を洗い流す時に髪の毛に水分のあるしなやかさを感じました。
さらに洗い続けることで、よりツヤ感を感じることが出来ました。
ぜひお試し下さい。